下水道本管から挿入し、カメラを使って下水道管内の状況を撮影することができるロボットです。対応管径が広く、φ100~φ2500mmは国内唯一となります。電動リフトが付いているので、パワフルに走行しながらも状況に応じてカメラの高さを変更でき、さらには、走行中の左右の傾きを自動調整する機能で横転を予防しつつ、安定した走行が可能です。また、コンパクトな設計のため、軽自動車へ架装することができます。